So-net無料ブログ作成
検索選択

Vol.163 ライラの冒険 黄金の羅針盤 その②映画版第1弾 [映画]

 小説を完全に映画化することは不可能だ。
 そもそも活字で描かれ、読む側の感性にゆだねられたイメージを、現実の俳優が演じ、作為的な映像で描くのだから、うまくいかなくて当然だろう。

 12月18日、「黄金の羅針盤」が韓国で一斉公開された。
 当日、急いで観に行く。

 慌てて観にいった理由は、原作が物凄く面白い小説だったからだが、最大公約数を目指すメジャー映画の原作としては、障害もたくさんありそうなダークで残酷なお話なので、そこら辺がどう、アレンジされているか、たいへん気になったのである。

 映画自体は家族向けファンタジーとしてしては、良く出来ていたと思う。
 なによりも、ダイモンたちのいとおしさが、映画にすると良く伝わってくる。
 こういう存在が本当にいれば、人生は楽しい。

 キャスティングも好印象、ジプシャン以外、小説のイメージとそれほど相違は感じなかった。
 ただ、アスリエル卿演じるダニエル・クレイグが笑いすぎることと、肝心のライラが、ちょっとお上品すぎて無表情なことが気になった。
 小説のライラはもっと暴れん坊だ。

 当然ながら、映画版は原作と細かいところが違っていて、第二部以降登場のキャラが、早々に登場しているところを見ると、シナリオは全三作通しで書かれているようだ。

 そんな訳で、子供を連れて、恋人を連れて、なんの考えもなしで観に行くにはいい作品なのだが、原作に強烈な面白さを感じている人にとっては、色々と不満が多かった映画でもあったと思う。
 有名小説の映画化なんて、どこでもそんなものだが、「黄金の羅針盤」もその例外ではなかった。

 原作重視の観点でいうと一番気になったのは、上映時間が短すぎて、多層な原作が、単純で健全な勧善懲悪物にすりかわってしまったことだろう。
 クリストファー・リーが悪の黒幕で出演しているから、どうしても「スター・ウォーズ」が重なって見えてしまうのはご愛嬌だとしても、原作の大きな魅力である、強烈な批判精神であるとか、問題提起がしゃぶしゃぶに薄くなっている。

 この第一部は、壮大な物語の序章であり、原作小説は数々の伏線が張られているのだが、映画は、家族向けのダイジェスト版という趣きであり、今後、きちんと原作のマインドを消化できるのかどうか、不安になった。
 
 特に、第三部における「死者の国」篇へ、この映画版第一部はきちんと繋げられるの?と疑問に思ったりもする。
 所詮、コーラを飲みのみ、ポップコーンを食べながら観るような映画だから、万人向けアレンジは仕方ないのだろうが、原作の持つシビアな魅力は、ガクンと半減してしまうのだった。

 その他登場人物で「なんか違うよな~」だったのは、まず魔女たち。
 彼らは物語の中で大変重要な役割を負っているはずなのに、ほんの顔出し程度、唐突に登場するだけ。
 そして、魔女というよりは、幽霊か妖怪みたいだ。

 「ライラの冒険」最大のヒーローであるはずのイオレク・バーニスンも、ただの喋る熊。

 イオレク・バーニスンって、こんなに表情豊かで、おしゃべりで、イライラしていたっけ?

 しかも、どうやら白熊ではなくて、ヒグマを参考にモデリングしているようだ。
 ヒグマと白熊は実物を見ればわかるように、かなりプロポーションが異なる。
 しかし映画では、どう見ても白いヒグマ。

 原作では表情が読み取れないところが魅力だったのに、これでは全く別の安っぽい、おしゃべりクリーチャーだ。
 声はイアン・マッケランなんだけどね。

 映画 「ロード・オブ・サ・リング三部作」が偉かったのは、まず上映時間が長くなることを厭わなかったことだろう。
 だから原作通りでなくても、原作の重厚さは自ずと伝わって来たし、なによりもこの「ロード・オブ・サ・リング三部作」には、監督ピーター・ジャクソンと仲間たちの強い「念」がこもっていた。

 でも映画「黄金の羅針盤」にそういった「念」は薄い。
 原作に対する強い「想い」も感じられない。
 よく出来ている作品だとは思うけど、大人の鑑賞に耐えうる作品かと聞かれれば、やはり言葉を濁すしかなく、ハリウッド・エリートたちがサクサクと作った、ビジネスライクな映画だった。
 
 強力な原作を、原作ファンを納得させるように作るためには、「最大公約数」をどこかで思い切って捨てることが必要だが、「黄金の羅針盤」もまた、たくさんの船頭を抱えた大プロジェクトだから、それも困難。
 だから、これはこれで「窯変版/黄金の羅針盤」として、楽しむ方が正解なのだろう。

 どうせなら、第二部、第三部には、もっと大胆なアレンジを期待しよう。

©New Line Cinema/Scholastic Productions


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。