So-net無料ブログ作成

Vol.168 チュモンを射る③ 声が替わってもいいじゃないか [韓国ドラマ]

 「チュモン」の吹き替え担当が突然替わった、ということにファンが大騒ぎという主旨の記事を読む。
 まあ、これも番組宣伝の一端なんだろうと思いつつ、その声が替わった「チュモン」を観てみた。

 今まで、主人公チュモンを若手の宮野真守が当てていたが、それが小杉十郎太の渋い声に替わっている。
 小杉十郎太といえばアニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」で、シブ~く「じじぃ!」と叫んでいた俳優だ。
 確か声優デビューして三十年近いから、もうベテランといってもいい。

 この配役交代を配給側は「演出的理由」と説明しているが、もし本当だとすれば、なかなかよいアイディアだと思う。
 演出戦略として「あり」だろう。

 なぜなら主人公の成長前、成長後と声優を替えるアイディアは吹き替えだからこそ可能だったのであって、交代の真相はどうであっても、面白い試みだと思うからだ。

 宮野真守と小杉十郎太は全く声質も年齢も異なる俳優なのだが、そこら辺は長いキャリアを誇る小杉十郎太、違和感なく合わせていると思うし、こういうのを見ていると、「やっぱり日本の声優は凄いなぁ」と改めて感じるのだった。

 でも、ちょっと問題だったのは、チュモンが姿を消していた間の方が、ドラマが面白かったこと(^^)
 それに小杉十郎太の方が、ソン・イルグク演じるチュモンを実際より格調高く見せているような…気も。

 時代劇は沢山の登場人物が出てきて、国家だ政治だと、個人を超えたドラマが繰り広げられるので、話数が進むにつれて、脇役の方が台頭、主役の影が薄くなることはよくあることだが、「チュモン」もそんな感じの展開になってきている。

 本ドラマと関係ないが、ソン・イルグク(송일국)という名前は、どうもチェ・ソンググ(최성국)と間違えやすくて仕方ない(^^!)
 

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: DVD


セックス イズ ゼロ

セックス イズ ゼロ

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2005/07/08
  • メディア: DVD


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。