So-net無料ブログ作成

Vol.306 「怪物くん」に似てきたような/ソン・ビョンホ(손 병호) [韓国俳優]

 2010年、日本テレビ系列で放映された『怪物くん』は、昔のマンガを実写ドラマで、というえらくベタな企画だったが、大野 智演じる『怪物くん』を粗暴でガラの悪いキャラにすることで、原作の持つエッセンスがうまく抽出された作品だった。

 この『怪物くん』を観ていたら、どうしても、ある韓国人俳優が、そのイメージに重なって来た。

 彼の名は、ソン・ビョンホ(손 병호)。
 最近、急激に見た目が若返り、実写版『怪物くん』みたいな雰囲気になっている。

 映画での出世作、代表作といえば『大統領の理髪師/효자동이발사(2004)』で演じた、大統領警護局室長役をまず挙げたいと思うが、この人は映画デビューから一貫して、軍人や、ヤクザの親分といった、腹黒の「怖ーいオッサン」役ばかり。

 「仕事を選んでいないのでは?」という勤勉ぶりは、イ・ボムスと近いものがあって、ある意味「プロの役者」だ。
 でも、沢山の作品で同じような役ばかりやっているせいか、近頃は、ちょっと手抜き気味な感じがしないでもない。

 元々は舞台畑の人で、演劇集団『ZIZ 레퍼토리컴퍼리』の代表かつ演出家でもあり、韓国で出版されている雑誌のインタビューでも「演劇が俳優の故郷(=原点)」と語っていたから、映画やTVドラマでまめに稼いで、それを演劇活動の方に廻すという、ウィレム・ディフォーや仲代達也なんかと、似たスタンスなのかもしれない。

 そんな訳で、「怖ーいオッサン」専門の感があったソン・ビョンホだったが、ちょっとユーモラスで家庭的な役が増えている。

OKAMA3.jpg
この役が一番好きです

 個人的印象では、根は三枚目じゃないか、と考えていたんだけど、それがドンピャはまっていたのが『吸血刑事ナ・ドヨル/흡혈형사 나도열(2006) 』の、おかまヤクザ役だ。
 ソン・ビョンホ演じるコミカルな役では、今もこれが一番だと思っている。

 話題作『グット・バッド・ウィアード/좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈 (2008)』で演じた売春宿オヤジは、映画がひどいことも加え、あまりにもガックリな役だったが、「飛べ!ペンギン/날아라 펭귄 (2009)」では、彼のユーモラスなキャラがうまく出ていた。

 インディーズバンドの道行ライブを描いたドキュメンタリー『好きで作った映画/좋아서 만든 영화(2009)』では、ひょっこり、飛び入りで出演、カジュアルでナイスなオッサンの一面を垣間見せた。

70045_P05_120626.jpg

 新作『大韓民国1%/대한민국 1%(2010) 』では、「また軍人役かよ!」という、いつものパターンだったけど、この作品が他と違っていたのは、ソン・ビョンホ演じる中佐が、部下をいつも温かい目で見守る「父親」的役割だったことである。

 想像するに、ソン・ビョンホ氏、「怖ーいオッサン」から、親しみのある「お父さん」的イメージへ、変換を試みているんじゃないのだろうか。

 それが、若返った理由なのかな?

 ソン・ビョンホが日本の作品に出ることは、限りなくありえないが、日本のTVや映画に出るとすれば、「怖ーいオッサン」ではなく、「一見怖いけど、ちょっと間抜けで、本当は優しいお父さん」の役を演じて欲しいと思う。

 ちなみに、サイワールド(싸이월드)でミニホムピィ(미니홈피)も開設していて、奥さんと娘さん一緒の写真が堂々と紹介されている(ID登録していれば、だれでも、訪れることができます)。

 その写真を観ていると、実際のソン・ビョンホは、『飛べ!ペンギン』のお父さん役に近い人なのかもしれない、なんて想像してしまうのだった。

73638_P20_121254.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。