So-net無料ブログ作成
検索選択

Vol.351 アブサントの味/La FEE - XS Absinthe Suisse [韓国と関係ない話]

 目玉ラベルに真っ青な怪しい瓶。
 だが、高級な雰囲気も漂わす。

 スイス・スタイルのアブサントは、辛くアニスの香りが強い、という印象が私にはあるけれど、このお酒はそのイメージをそのまま絵に描いたようなアブサント酒かもしれない。

 封を切ると強いアニス臭が漂い、口に含むとかなりピリピリした辛味が口に広がる。
 最初は、アブサント特有の苦味をあまり感じないけど、やがて舌の奥に甘みと共に苦味が甦るように残り、そのフィニッシュはかなり長い。
 そして喉元を過ぎて少し経つと、口の中と唇の辺りに、あのアブサント特有の風味が残る。

 水を入れるとあっという間に白濁するので、かなりアニス成分が含まれているのだろう。
 ということは、その手の味が苦手な人には向かない味だ。

 “Artemisia Absinthe Capricieuse”なんかと同じ系統の味だが、こっちの方がスパイシーでヒリヒリする。

 おつまには、なにが合うかな、なんて考えるが、ここまで辛味が強いと、そのアクの強さをストレートに楽しんだ方が正解かもしれない。

(さるすべり流の飲み方)
 お酒1に対して常温の軟水を0.7程度。
 もしくはストレートでちびちびと口に含んで、フィニッシュを楽しもう。
 個性は強いが、繊細なので、飲み方は結構難しいかも。

ABXSSWISS.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。