So-net無料ブログ作成

Vol.362 アブサントの味/La FEE - XS Absinthe Francaisee [韓国と関係ない話]

 今回紹介する「La FEE - XS Absinthe Francaise」は、その名の通り、フランスの東側、スイス国境に近い街Pontarlierで作られている地酒的なアブサントらしい。

 だが意外と素朴で、奇をてらった感じは薄い。
 個人的にフランスのアブサントは変に凝りすぎていて、歪な印象があるのだけど、これは逆におとなしすぎるかもしれない。

 見た目はほのかに枯れ草色をしているが、ほとんど無色だ。
 香りには穏やかで、アルコール臭はあまり感じられず、二段階くらいの変化がある。

 原酒を口に含むと、ピリピリ感あるが、これはアルコール度数(68%)によるものだろう。
 それを考えると、ソフトで大人しい。
 だが腰は強い。

 その代わり、風味は弱く、刺激は少なく、やや物足りなくもある。
 熟成させたお酒に共通するまろやかさがある反面、個性は弱めで、あくまでもお上品であり、フィニッシュも物足りない気がする。
 そして、スイスのキューブラと共通する独特の風味がある。

 アニスが入っていないためか、水で割っても白濁しない。
 それよりも、薄めると、ベースになっているスピリッツの辛さだけが一層、表に出てくる感じだ。
 そしてフィニッシュに妙な苦味が感じられるようになるが、アブサントの苦味と言うより、ミント系の苦味に似ている。

 玄人好みの微妙なアブサントといった趣である。
‐さるすべり流飲み方‐
原酒7に対して軟水3程度。
でもストレートの方が、ぴりぴり感が低いような気がする。
砂糖(三温糖など)を一かけら加えるといいかもしれないが、間違ってもスプーンの上で火を付けてかき混ぜないように。
あれは邪道な飲み方だと思う。

ABFX.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。