So-net無料ブログ作成
検索選択

Vol.384 アブサントの味/Absinthe Bairnsfather Bitter [韓国と関係ない話]

 「Bitter」な味わいと言えば、ゴッホ印ゴールド・ラベルの悪夢を思い出す。

 だから、この「Absinthe Bairnsfather Bitter」も、「もしや」と、やや覚悟してグラス注ぎ、飲んでみる。

 「あれ…」
 それは予想を覆す、オーソドックスで「普通の味」だった。
 香りも風味も大人しく、枯れ草色の液体は、「ナチュラル」という形容がよく似合う。
 奇態な個性は全くないが、若草を感じさせる香りが心地よく、味わいも奥深くで、絵に描いたような、飲みやすいアブサント酒なのであった。

 ミントやアニスの風味がないところもいい。
 そして、紅茶や緑茶の香りを連想させ、心地良い苦味が口の中に拡がる。

 そうだ、これは「Czech Absinth Strong」(※)の、かつての味わいではないか。

 「Czech Absinth Strong」は数年くらい前から、大雑把な味になってしまった、という印象が否めないのだが、「Absinthe Bairnsfather Bitter」には、「Czech Absinth Strong」を初めて飲んだ時の感動があったのだ。

 その普通過ぎる味わいこそ、本格的なアブサント酒の入門にぴったり、リッター瓶で入手できる、という点でも、お薦めの一品かもしれない。

-さるすべり流“Absinthe Bairnsfather Bitter”の飲み方-

ワンショットグラスで、まずはストレート。
後は風味を損ねない程度に、軟水を常温でちょっとだけ入れて、チビリとやる。
なお、加水しても白濁せず、二倍程度に薄めても味を損ねないので、やや薄めで攻めるのもよし。
砂糖は入れず、素材の苦味を率直に楽しみたい。
 

AB.jpg

(※)「Czech Absinth Strong」は「Sebor Strong」のパチもんということで、芳しくない評判もありますが、以前は、それなりにいいお酒だったことは、主張しておきたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。