So-net無料ブログ作成

Vol.509 2014年☆韓国映画BEST☆part4 [韓国映画]

【印象に残った作品たち(1)】

『집으로 가는 길』
(日本公開時題名『マルティニークからの祈り』)
マルティニ210.jpg
出典:NAVER영화
 納得出来ないところもありますが、ツボを押さえた感動の力作。
 前評判の割には韓国内でヒットしなかったのは、今の時代を考えると仕方ないかも。

『수상한 그녀』
(日本公開時題名『怪しい彼女』)
怪しい彼女210.jpg
出典:NAVER영화
 ベタな韓国式コメディを逆手にとった爆笑の感動作。
 この作品を観て、「韓国映画はベタで古い!」と馬鹿にすることは簡単ですが、【そんなら同じことやって、超えてみろや!】と言いたいですね。

『한공주』
(日本公開時題名『17歳の涙 ハン・ゴンジュ』)
ハンゴンジュ210.jpg
出典:NAVER영화
 かつて日本で蔓延しかかった【韓国=夢の国】という【お花畑系】と真逆の内容ですが、韓国映画の良き伝統を引き継ぎ、インディーズの機動性を活かせた問題作。

『아버지의 이메일』
(日本語意訳題名『父が残したEメール』)
アボジワe210.jpg
出典:NAVER영화
 日本の『エンディング・ノート』にも繋がる、驚きのエンタティメント・ドキュメンタリー。
 優れた韓国現代史になっているところも見所です。

『역린』
(日本公開時題名『王の涙 イ・サンの決断』)
ヨクリン210.jpg
出典:NAVER영화
 これまたベタ系の韓国時代劇に見えるかもしれませんが、大胆な解釈の脚本は韓国映画におけるエポックだったのでは??
 こういう歴史の翻案は「歴史の捏造、粉飾」とは言わないでしょう。

『피부색깔=꿀색』
(日本公開時題名『はちみつ色のユン』)
(※)厳密には韓国映画ではありませんが、選んでみました。
はちみつ色210.jpg
出典:NAVER영화
 特異な境遇にあった当事者だからこそ描けた、自伝ドキュメンタリー・アニメーション。
 自己のオリジナルを韓国に求めた結果は?という視点で見ると、非常に深い内容だったと思います。

(part5に続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。