So-net無料ブログ作成
検索選択

迷館は迷宮でもある [韓国映画]

 ソウル・鐘路三街にある老舗の映画館「ソウル劇場」。

 本ブログでも、散々けなしている酷い映画館であることは今も変わりないが、数年前、社長が変わってからは、だいぶマシになった…といっても基本は同じ建物、同じ劇場なので出来るだけ近寄らないようにしているのだが、インディー・スペースが光化門から、ここに移転してしまったこと、大韓劇場(この映画館も個人基準では最悪の部類)と並んで、ここでしかやらない珍作が掛かること、定宿が近いことなどから、数年来、韓国に行くたびに、結構訪れるようになってしまった(トホホ…)。

 昔に比べれば、サービスはだいぶ改善されて、従業員の態度も良くなり、ハチャメチャな構造の内部で迷うことも少なくなったが、最近、訪れてみると、大規模な改装が始まったため、再び迷宮化していた。

 この映画館一番の問題は、エレベーターやら階段やらエスカレーターやらが複数あるくせに、それぞれが行き先限定で、フロアを自由に行き来出来ないことなのだが、道順は劇場スタッフに聞いてもよく分からなかったりする(そうそう、トイレの場所も問題だ!)。

 今回、移転後のインディー・スペースをそれまで何度か使っていたため、油断していたのが、まずかった。
 インディー・スペースまで行くには、エスカレーターで3Fへ行き、そこで降りればいいだけで(当時)、窓口の人もそう案内してくれたんだけど(ちなみに、インディー・スペースは運営がソウル劇場と別扱いになっている)、行ってみれば、3Fは人の気配が全く無く、フロアも閉鎖中…

 「あれ?おかしいなぁ…」とは思ったのだが、上映まで時間が少々あったので、「ソウル劇場のチケット売り場のある階まで一旦上がって、場所を再確認して、そこから直接3Fまで降りればいいや」ということで、エスカレーターを最上階まで上がりきったことが、実は更なる大きな間違いだった!

 ソウル劇場のチケット売り場のある階から、下階に降りるエレベーターはあるのだが(当時エスカレーターは上りのみ)、同階にはエレベーターが二箇所ある上、それぞれ行き先制限があり、下階行きエレベーターに乗れば乗ったで、実は3Fで降りることが出来なかったりする。

 仕方ないので、また1Fに戻り、窓口で場所を聞き直してエスカレーターで再び3Fに行くが、やっぱりフロアは閉鎖中…

 「なんだ、こりゃ?話と違うだろ」と思い、はたまた、ソウル劇場のチケット売り場まで上がり、そこそこベテランらしい係員に道順を尋ねると、やっぱり1Fからエスカレーターを使って3Fに行くようになっている。

 既に上映時間は迫っており、あせる気持ちを抑えつつ、再び、1F行きのエレベーターを待つが、大体こういう時にはマーフィーの法則が発動して、なかなか来ない。

 どうにか1Fに戻り、再び片道エスカレーターで3Fに向かうと、今度はフロアに入れるではないか!

 映画館というものは、どこも最低人数で運営しているし、通常インディースペースに客が押しかける訳もなく、韓国の他のミニシアターでも、こうしたことは時折経験することでもあるので、今回の出来事に目くじら立てる気はないが、少し早めにフロアへ入れるようにして欲しいよなぁ。

 たぶん、フロア担当のお兄ちゃんが几帳面(韓国人はそこら辺が両極端でいつも困困)で、私は私で、日ごろ時間が進んでいる時計を使っていたのが、まずかっただけかもしれないが…

RIMG0644_1.JPG
(今現在は、取材当時と事情が異なると思います)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

お久しぶりなソウルです [韓国カルチャー]

 久々にソウルにやってくる。

 一番の目的はシン・ドンイル監督の新作を見ることだったが、これまでの残務処理と現実逃避を兼ねてやって来た次第。

 映画の公開は5月11日からだったが、おそらく10日程度で上映は終わりだろうと見当をつけ、スケジュールを決める。
 これがビンゴ!、だったのだが、それ以上に早く上映終了が決まってしまったので、実は危うく見損なうところだった。

 日本を出る時、巷では北朝鮮の諸問題と文在寅大統領の傾北&反日が取り沙汰されていて、まるで韓国に行くのが背信行為のようなヤバイ空気が濃厚に漂っていたけれど、現地は至ってのんびり、のほほーん。
 北朝鮮の水爆実験当時と全く同じで、いつものノンキな韓国的風景が広がっていた。

 でも、定宿オーナーの話では、北朝鮮ミサイル問題の影響で、ゴールデンウィーク中は日本人のキャンセルが相次ぎ、頭が痛かったという。

 定宿の辺りは、ここ数年、外国人の懐狙いゲストハウスが山のように林立し、「おい、おい、供給過剰だろうが!」と思っていたのだが、今、人けの無いゲストハウス街をぶらぶらしていると、北朝鮮のミサイル騒ぎと韓国THAAD配備問題が、彼の地の観光業にとり、予想以上に風評被害を生んでいるのかなぁ、と、どうしても思ってしまう。

 大騒ぎだった、パク・クネ弾劾後の大統領選挙については、喉元過ぎてしまえば、まるで無かったが如く。
 既に誰が大統領なのか、皆忘れているのでは?みたいな感じ。

 韓国映画絡みだと、個人的にお馴染みだった独立系アートシアターの幾つかが閉館になっていて、長らく続いた「偽インディーズ映画ブーム」も、とうとう限界点を超えたかなぁと、ちょっと寂しくなった。

 そして、一番印象的だったのが、我が物顔で街中を闊歩していた中国人観光客が、嘘のようにソウルの繁華街から姿を消していたことだろう。

 政治を巡る感覚については、日本と韓国、毎度あまりに温度差があるのだけど、今回のような「お得意様(=カモネギ)が来なくて頭が痛いです」という現象は、常々韓国側の問題として、北朝鮮や中国、日本に対する、いつもの優越感と蔑視と甘えが、一連の事態を招いているように見えなくもない。

 だが、この国の人々はそういうことについて、いつも無関心、そして疎い。

 今の私に、そうした彼らを弁護する気力はすでに無いのだった…

RIMG0602_2.JPG
PM20時過ぎ。
初夏の陽の長さが好きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画