So-net無料ブログ作成
検索選択

Vol.161 黄金の羅針盤 ライラの冒険 その①原作小説 [小説]

 イギリスのフィリップ・プルマンが書いた「ライラの冒険三部作」はべらぼうに面白い小説だ。

 一応、児童文学に括られてはいるけれど、子供だけに読ませるなんてもったいない。
 硬質でシビアな内容は、ファンタジーの概念を覆す魅力で一杯だ。
 かくいう私もファンタジーが好きではないのだが、この三部作は全く別だった。

 並行世界を舞台に、「神とは、宗教とは、魂とはなにか」を説き、キリスト教教条主義を痛烈に批判しながらも、量子物理学を匂わせるネタを絡ませ、ファンタジーというよりも、PKDやクレッグ・イーガンのSF小説を連想させる。

 教師経験のある原作者が子供に向ける視点も、冷静かつ客観的だ。
 主人公ライラは粗暴な、むかつくガキだし、アスリエル卿もコールター夫人も冷酷な鬼畜。
 第二部から登場するウィル少年は屈折しきっていて「子供は無垢で純真」と決めつける単細胞な教義主義者をせせ笑うかのようだ。
 この小説には天使のような子供とか、無条件で立派な大人といった、エセキャラは一切出てこない。

 脇を固めるキャラクターも、ご都合主義のファンタジーとは一線を画す。
 もう一人のヒーローである、甲冑熊イオレク・バーニスンはあくまでも猛獣であり、理知的だが凶暴で無慈悲だ。
 そこには人間と相容れない絶対的な溝がある。

 セラフィナ・ペカーラを代表する北極圏の魔女たちも、男を愛し、子供を生み、そして愛憎に悩み苦しみ続ける人間として描かれていて、さすがオカルト研究の本場ブリテンらしい、とってもリアルな存在だ。

 小説「黄金の羅針盤」と、それに続く「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」は、全編を通して暗く、厳しく、現代的な物語であり、それらが、小説を抜群に面白くしている。
 その苦い味わいは、決してハッピーではないけれど、読後、原作者の、人間に対する温かい視点を感じせ、感動的だ。
 
 そして2007年末。
 遂に「ライラの冒険第一部 黄金の羅針盤」の映画化作品が公開された…

⇒来年に続く。今年はこれでおしまい!

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

  • 作者: フィリップ プルマン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫


黄金の羅針盤〈下〉—ライラの冒険

黄金の羅針盤〈下〉—ライラの冒険

  • 作者: フィリップ プルマン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 文庫


虚空の眼

虚空の眼

  • 作者: フィリップ・K. ディック
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1991/06
  • メディア: 文庫


宇宙消失 (創元SF文庫)

宇宙消失 (創元SF文庫)

  • 作者: グレッグ イーガン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1999/08
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

Vol.140 「銀河英雄伝説」の伝説 [小説]

最近、田中芳樹の代表作「銀河英雄伝説」を読み始めている。
けっこう前の作品なので、いまさら?と思う人もいるだろうが、きっかけはこのシリーズが東京創元社から新たに文庫版として刊行されはじめたからだ。

このシリーズは忠実なアニメ化も成功し、そちらも根強い人気を誇っているが、東京創元社から出るまで私はこの「銀河英雄伝説」になんだか偏見を持っていて、決して手に取ることがなかった。

このシリーズが最初に出始めた頃の日本は、今の「オタク文化」黎明期、だから、巷の空気は非常にパワフルでアグレッシブだったが、どうしてもアメリカSFの後を一生懸命に追い続けている感じもあって、それが当時の私にとっては、何か避けてしまう印象をもたらしていた。

それからかなり経って、生まれて初めて「銀河英雄伝説」を読み出す。
そしてそれまで私が抱いていた偏見は大きな間違いであったことに気がついた。

この作品が独特なのは、アニメ的なメカ、であるとか古臭いガジェット、というものに決して重点が置かれることはなく、あくまでも人が織り成す「歴史」そのものを描こうとしている小説であって、逆によくアニメ化したな、と感じたくらい、淡々として理知的な内容だ。
アイザック・アシモフの歴史的古典、「ファウンデーション」シリーズを連想させる。

この「銀河英雄伝説」、中国語圏でかなりの人気と影響を誇っているらしく、韓国ではどうかな、と調べてみると、やはり全て訳されているようだ。

しかも、韓国のネット・ショップで検索すると、「銀河英雄伝説」に影響されて書かれた、と紹介されている韓国の小説もあったくらいなので、私が想像するよりも人気があったらしい。

そこら辺のところを知人に尋ねたところ、十年くらい前、金庸や「三国志」と並んで「銀河英雄伝説」は「男の三大小説」と称されて、高校生あたりにかなり読まれていたという。

逆にアニメは当時、今のようななんでもかんでもダウンロードで入手できる時代ではなかったので、それほど韓国で観ている人はなく、あくまでも小説自体の人気だったらしい。

SF的であることというよりも、しっかりと人と歴史、そして社会の変遷と関わりを表立って描いた大河小説だったからこそ、文化を超えて受け入れられたのかな、と思うのだった。

アニメや映画ばかりではなく、「村上春樹」や「よしもとばなな」ばかりではなく、日本のSF小説にもっと海外の注目が集まってもいいと思うし、海外の反響もまた伝えるべきだろう。

日本のお役人の方々、そこら辺のアピールもよろしくおねがいします。

銀河英雄伝説 1 黎明編

銀河英雄伝説 1 黎明編

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: 文庫


銀河英雄伝説 2 野望篇 (2) (創元SF文庫 た 1-2)

銀河英雄伝説 2 野望篇 (2) (創元SF文庫 た 1-2)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫


銀河英雄伝説 3 雌伏篇 (3) (創元SF文庫 た 1-3)

銀河英雄伝説 3 雌伏篇 (3) (創元SF文庫 た 1-3)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫


銀河英雄伝説 4 策謀篇 (4) (創元SF文庫 た 1-4)

銀河英雄伝説 4 策謀篇 (4) (創元SF文庫 た 1-4)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫


銀河英雄伝説 5 風雲篇 (5) (創元SF文庫 た 1-5)

銀河英雄伝説 5 風雲篇 (5) (創元SF文庫 た 1-5)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第29回「ペリー・ローダンの話②」 [小説]

 コリア系地球人、彼の名は「マルト・チュン=フィン」、著名なハイパー物理学者という設定だ(「ハイパー物理って、なあに?」と突っこまないように)。
 「マルト・チュン=フィン」という名前をどうハングル名に置き換えるのかは、さっぱりわからないが、遠い未来の話なので、それは気にしないでおくとしよう(チュ・フン=マルトだったら、一応それらしいかな?)。
 彼はご老体らしく派手に活躍はしないが、かなり重要な役割を果たすキャラであり、性格は辛らつで自己主張が強い。しかし頭脳明晰であり、ローダンとその仲間たちを、しばしば危機から救うのである。
 この「ペリー・ローダン」というドイツの有名な大衆小説シリーズに、日本人、中国人に並んで、やっとコリア系地球人が出てきた事実は、ちょっと遅い感があったものの、個人的には注目に値する出来事だ。なぜなら、それは、ドイツにおけるコリア系の存在、つまり国際社会での重みがさらに増していることと、比例している出来事だと思うからだ。
 現在、ドイツには韓国・旧朝鮮系のドイツ人がかなりいるらしい。旧西ドイツは戦後、国家を復興させるために、各国と二国間協定を結び、積極的に外国人労働者を受け入れた(その中核となったのがトルコ人であった)が、その時、かなりの韓国・旧朝鮮系の人々がドイツに渡り、今ではコリア系ドイツ人として定着しているという。
 彼らの特徴はやはり教育熱心なことで(当然、高学歴エリートも大勢いたはず)、現在、大学教授や研究者といった、知的要職についている人が結構多いらしい。
 少し前、ドイツのコリア系大学教授が、北のスパイを働いたとして大騒ぎになったが、おそらくこの人物も、戦後の外国人受け入れ政策でドイツに移住したのではないかと思う。
 韓国人が外国人を見る眼を、さらに外国人たる筆者が見た時、ドイツ人に対する畏敬の眼差しは、例外的に強いものを感じる。
 戦後、EUの中では韓国にもっとも積極的にテコ入れし、援助を行ってきた国であり、祖国分断を乗り越えた国家ということで、感謝と共感を得ることは当然なのだろうけど、その裏側には、ドイツに移民して生活基盤を作り上げ、成功した同胞たちの影響も大きいのではないだろうか。

コリアン世界の旅

コリアン世界の旅

  • 作者: 野村 進
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第28回「ペリー・ローダンの話①」 [小説]

 「ペリー・ローダン/Perry Rhodan」とは、1961年からドイツで発行され続けている、世界最長の小説シリーズだ。既に合計2000話は数年前から超えていて、スピンオフ・シリーズまで含めると全部で何話あるのか、日本ではわからないくらいだ。
 日本でも1971年から早川書房より翻訳され、現在も330巻(オリジナルに換算すると600話以上)を超えて出版が続いているが、それでも本国の進行状況に比べると、やっと本筋に入った程度であるという。
 アメリカの宇宙飛行士ペリー・ローダンとその仲間が、月面で不時着した異星人を救出し、オーバーテクノロジーを得るが、それを人類全体のために使うべく、自ら独立を宣言し、オーバーテクノロジーを手に入れようと狙う、アメリカ、旧ソビエト、ヨーロッパ連合、アジア連合と戦い、勝利を得て地球を統一する、というくだりから、この膨大な大河シリーズは始まるが、現在の日本語版では、遥か未来、複数銀河にまたがる戦いを描いた展開になっていて、ドイツ版では更に壮大な、宇宙知性体起源をめぐる話にまで進んでいるらしい。
 このシリーズの初期エピソードは、展開の都合上、日本人がやたらたくさん出てきて、何人かがミュータント部隊の中核として、しばらくは大活躍する。
 名前が「タコ」だとか「タマ」だとか「ヤトゥヒン」だとか、奇想天外すぎて笑えるが、これだけ日本人が好意的に扱われている理由の一つに、やはり出版元がドイツであったことは大きいだろう(初期のライターたちは、皆、第二次世界大戦経験者。現役の科学者やエンジニアも何人かいた)。
 しかし、このシリーズも、主人公ペリー・ローダンが地球を統一し、約2000年経ったあとのシリーズでは、一人のコリア系地球人が準レギュラーで登場する…

Perry Rhodan 01. Die Dritte Macht

Perry Rhodan 01. Die Dritte Macht

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Pabel-Moewig Verlag Kg
  • メディア: ハードカバー


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。