So-net無料ブログ作成

Vol.454 名盤紹介 『버스,정류장』 [韓国映画音楽(OST)]

 韓国において音楽CD市場が崩壊して久しい。
 専門店はあるけれど、客の中心は外国人だったりする。
 ジャズやロックの中古レコードなんかと同様、音楽CDにもコアなファンはもちろんいるけれど、多くの新譜、特にマイナー系は最初からダウンロード販売だったりするので入手が面倒くさくて仕方ない。

 韓国映画のOSTはそういった被害をもろに喰らったマイナー分野の最たるものだ。
 逆にダウンロード販売のおかげで「えっ!?」みたいな作品の音源入手が出来るようにはなったけど、やっぱり手にとって触ることができる方に愛着が湧く。

 元々、韓国映画のOSTは販売数が少なく、一度売り切れると再販をしないものが多かった。
 いかれた韓流ブームのおかげで、外国人御用達の特定スターの出ている作品やTVドラマは一部再販されたが、映画好きが求めるようなマイナー系の多くは、一度売り切れたならば、中古や店頭在庫を探すしか無い。
 売れなくて長い間、店頭に転がっている場合も往々にしてあるが、これは一期一会だと思った方がいいし、街場の店舗自体がどんどん消滅しているから、これも難しくなっている。

 今回紹介する名盤『버스,정류장』も、最近ではめっきり現物入手が困難になった音楽CDである。
 一時期、韓国ではプレミアムが付いていたこともあったらしい。
 七、八年前くらいまでは店先にゴロゴロしていた商品だったのだけど…

 元になった映画『버스,정류장』(2001年 日本で公開済)自体は、ちょっと評価されたが興行的には全然で、すぐ劇場から消えた作品である。
 当時は狂気に満ちた韓国映画バブルの真っ最中、凄まじい勢いで韓国映画が製作、公開されていたが、小作品に対する上映環境は整っていなかった。
 今の韓国のようにブロックバスターとインディーズの興行形態が別れて確立された状況であれば、もう少し評価された作品ではなかったかと思う。

 ただ、この映画は劇中曲が傑出していた。
 音楽監督を手がけた“Lucid Fall”こと조윤석は、今でこそ有名だが当時はそうでもなく、高学歴ばかりが取り沙汰されていたような気がする。
 だが、その音楽性は高く、当時発売されたOSTの中でも、この『버스,정류장』は屈指の名盤だった。

 日本では偏ったマーケティングのおかげで、捻じ曲げられた形で韓国の音楽シーンは一般化してしまったが、この『버스,정류장』に収録されている曲たちは、それらと全く異なる、韓国ならではの「一つの形」であったと思う。

 素朴な旋律に淡々としたボーカル、詩情豊かな歌詞は韓国伝統のバラードの系譜を引き継ぎつつも、当時の新しい方向性を積極的に取り込んでいた。

 韓国映画のOSTは聞いている途中で「もういいや」系が多く、どうしても死蔵される割合が高いのだけど、この『버스, 정류장』は何度でも聴ける、数少ない例外の名盤であるといえる。

 日本では人気が無いらしく、かなり安い価格で売っているのを今だ見かけるので、興味を持たれた方は購入してみてもいいかも。

basu2.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。